一宮市民家改修

愛知県一宮市民家改修工事 2019年5月着工・12月竣工 

設計/施工 紬建築

愛知県の北西部、濃尾平野に位置する尾張地方の一宮市。

古くから繊維の町として栄え、名古屋市・豊田市に続いて県内で三番目に人口の多い市町村となっています。そのような町の昔からの地区に建つ、昭和18年建築の民家改修です。

見えないところの素材にもこだわり、竹小舞を編み荒壁を付けたり、仕上げ材の下地にも合板は使用せず、無垢材を使っています。

建築面積 一階・約33坪 (改修面積・約33坪)

     二階・約24坪 (改修面積・16坪)

     屋根・既存/部分補修   外壁・杉板張り/漆喰塗り

     

施工中の写真です👇👇  詳しくはこちらからご覧下さい→一宮市民家改修

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。